kyun ja、タルチョー先生のうそとせふれ32巻。

まんが王国では、試し読みが無料で出来るのでうれしいですよね。

それと、もしあなたが試し読みで気に入ってその先を読んでみたくなったら、購入して読んでもいいかもしれませんね。

ちなみに、私は継続して32巻も読んでしまいました。

 

⇒前回のネタバレとあらすじはこちら

 

ちなみに、この電子コミックはフルカラーで絵が見やすいですし、主人公の京太郎君に関わる女性達のエロいシーンを見ることができるので、私のムスコもうずいてしまいました。(^-^)

うそとせふれ」で検索!

うそとせふれ32巻のネタバレとあらすじ

うそとせふれ32巻では、セッ〇スが終わってシャワーを浴びたいとつぶやく沙織姉さん。

しかし、まだヤリたりないのか、京太郎君はまた彼女の豊満なおっぱいを愛撫するのでした。

今度は、うつ伏せになるように指示すると、彼女が履いていたストッキングとパンティーを降ろし、バックから自分のイチモツを挿入するのです。

気持良くて、突きまくる京太郎。

その後、体位変換して彼女を持ち上げて自分で動いてみてほしいとお願いし、濃厚なキスを交わすのでした。

彼の指示に困惑する彼女でしたが、腰を動かしていくのでした。

さらに、彼も彼女のヒップを上下に揺らしながら絶頂に達した彼は、彼女のおま〇こにザーメンをぶちまけていくのです。

彼女の秘部からは、精液がタレ流れて落ちていき、ベットはザーメンまみれに汚れてしまうのでした。

彼女は、ベットが汚れてしまうことに心配するのですが、彼の性欲は衰えることなく、やる気満々の京太郎君でありました。

 

場面はかわり、スマホを持ちながら悩む由紀さん。

その一方で、性欲モンスター化した京太郎君は、沙織姉さんにもう一度ストッキングをはいてほしいとお願いするのです。

ためらう彼女を無視して、再び彼女のおま〇こに勃起したイチモツを挿入しようとする京太郎君。

すると、彼女のスマホに連絡が入ると、それは由紀さんからの電話でありました。

四つん這いのエロい姿で電話に出る沙織姉さんでしたが、電話中にもかかわらず暴走が止まらない京太郎君でした。

え・・・夜ウチに来るって?

噓とセフレ(32巻より引用)

驚く沙織姉さん。

そんな状況にもかかわらず、彼女の秘部に突き刺していく京太郎君。

電話しながら喘ぎ声が漏れ出てしまう状況に、由紀さんは気付いてしまうのでしょうか?

今後の展開が気になりますね。

うそとせふれ32巻の無料の試し読みは会員登録なしでOK!

まんが王国では、無料の試し読みが会員登録なしで読むことができますし、他のエロ漫画もいろいろ読むことができるのでおすすめです。

また、うそとせふれ32巻は無料の試し読みだけでも京太郎君と沙織姉さんとのエロいシーンを見ることができますよ。

まんが王国サイトの検索のところに「うそとせふれ」で検索してみてください。

⇒まんが王国の詳細はこちら!

すぐに無料で試し読みができますので利用してみてくださいね。

 

おすすめの記事